学会発表【149件】(2014年度発表分まで反映)
  国際学会【46件】国内学会【103件】

国際学会

 Sawada Yoshihiro, Kagami Hiroo, Iizumi Shigeru and Matsumoto Ichiro(1991) Reconstruction of lithosphere related to Japan sea opening as evidenced by Sr Nd isotopes studies of Cretaceous to Miocene igneous rocks, in central Chugoku district. 29th International Geological Congress (Kyoto,JAPAN).
 Matsumoto Ichiro, Arai Shoji, Yamauchi Hideo (1995) High-Al podiform chromitites in dunite-harzburgite complexes of the Sangun zone, central Chugoku district, Southwest Japan. GEOSEA'95 Eighth Regional Resources on Geology, mineral and Energy Resources of Southeast Asia (Manila, PHILIPPINE).
 Matsumoto Ichiro, Arai Shoji(1998)Chemical composition of chromian spinel as a guide to genesis and prospect of chromitite in Harzburgitic mantle. Qubeec 1998 (Joint annual meeting -GAC -MAC・AGC-MAC・APGGQ) (Qubeec,CANADA).
 Matsumoto Ichiro, Tomurtogoo Onongin, Arai Shoji (1998) Petrological and economic geological characteristics of the Hantaishir ophiolite complex, Altai region, Mongolia. East Eurasian Geological Seminar 1998 (Ulaanbaatar, MONGOLIA).
 Matsumoto Ichiro(1998)Mantle melt interaction for genesis of podiform chromitite: examples from Sangun zone and Albania. East Eurasian Geological Seminar 1998 (Ulaanbaatar, MONGOLIA).
 Matsumoto Ichiro, Tomurtogoo Onongin(2001) Petrological characteristics of the Hantaishir ophiolite complex, Altai region, Mongolia. International symposium on the Assembly and Breake up of Rodinia and Gondwanam and Growth of Asia (Osaka, JAPAN).
 Matsumoto Ichiro, Arai Shoji, Blaceri Fatmir(2002)Petrological character istics of chromitite-bearing Shebenik ultramafic complex, Mirdita ophiolite, Albania. 4th International Workshop on orogenic Lherzolite and Mantle Processes (Samani,Hokkaido,JAPAN).
 Matsumoto Ichiro, Suzuki Katsuhiko(2002)Re-Os Age and Isotopic Constraints on Genesis of Tari-Misaka Ultramafic Complex of the Sangun zone, Southwest Japan. 4th International Workshop on orogenic Lherzolite and Mantle Processes (Samani,Hokkaido,JAPAN).
 Matsumoto Ichiro, Suzuki Katsuhiko(2002)Re-Os Age and Isotopic Constraints on Genesis of Tari-Misaka Ultramafic Complex of the Sangun zone, Southwest Japan. Highly Siderophile Elements Workshop 2002 (HSE 2002) (Nancy, FRENCH).
10 Matsumoto Ichiro, Tomurtogoo Onongin(2003) Petrological characteristics of the Hantaishir ophiolite complex, Altai region, Mongolia. East Eurasian Geological Seminar 2003 (Ulaanbaatar, MONGOLIA).
11 Watanabe Kumiko, Ochi Akimitsu and Matsumoto Ichiro (2003) Geological andgeochemical characteristics of river sediments from the Tsurumi, the Kamo and the Tama rivers, Japan - a preliminary study - East Eurasian Geological Seminar 2003 (Ulaanbaatar, MONGOLIA).
12 Matsumoto Ichiro (2005) Methods of geological and geochemical survey for soil contamination -Case studies in Japan-. International Seminar Sustainability of the Precious Water Environment (Matsue, JAPAN).
13 Watanabe Kumiko, Ochi Akimitsu and Matsumoto Ichiro (2005) Distribution of elements of Environmental Quality Standards for soil contamination in stream sediments -A case study at the Tama, Tsurumi, Hino and Kamo rivers-International Seminar Sustainability of the Precious Water Environment (Matsue, JAPAN).
14 Matsumoto Ichiro, Okada Jun, Iwamoto Koichi and Arai Shoji (2005) Petrological characteristics of chromitite bearing gabbro from the Inazumiyama ultramafic complex of the Sangun zone, Southwest Japan. 15th Annual meeting, Goldschmidt 2005 (Idaho, USA).
15 Watanabe Kumiko, Ochi Akimitsu and Matsumoto Ichiro (2005) Characteristics of river sediment in the light of the environmental quality standard value of Japan -A case study at the Tama, the Tsurumi, the Hino and the Kamo rivers in Japan-. 15th Annual meeting, Goldschmidt 2005 (Idaho, USA).
16 Matsumoto Ichiro (2007) Heavy metals concentrations of Hii River basin system, Shimane Prefecture, Japan. International Symposium Restoration and Sustainability of Estuaries and Coastal Lagoons - Towards the Wise Use of Lakes Shinji and Nakaumi - (Matsue, JAPAN).
17 Matsumoto Ichiro (2008) Characteristics of heavy metals of river sediment from the Hii River Basin.-Significance of the environmental assessment- International Symposium on Restoration and Management of Wetlands-Case Studies and Significant Scientific Knowledge- (Matsue, JAPAN).
18 Mori Yasushi, Takeda Ikuo and Matsumoto Ichiro (2008) Impact of land use and human activity on hydrological processes in regional watershed. International Symposium Restoration and Sustainability of Estuaries and Coastal Lagoons - Towards the Wise Use of Lakes Shinji and Nakaumi - (Matsue, JAPAN).
19 Ito Mayuka and Matsumoto Ichiro (2008) Heavy metal concentration of river sediment in the light of the environmental quality standard value at the Kiso and Syounai Rivers in Nagoya, Japan. Goldschmidt 2008 (Vancouver, CANADA).
20 Matsumoto Ichiro, Hoffman Dennis, McAlister Jason and Ishiga Hiroaki(2008) Impact of human population on heavy metal concentration of stream sediments in the Trinity River, Texas, USA. Goldschmidt 2008 (Vancouver, CANADA).
21 Tsubota Tomoyuki and Matsumoto Ichiro (2008) Geochemical study of chromian spinel bearing alkaline Matsue Basalt in the Shimane Prefecture, southwest Japan arc. Goldschmidt 2008 (Vancouver, CANADA).
22 Sato Daisuke and Matsumoto Ichiro(2008) Wakurayama dacite as a possible adakites from the Matsue city, inner zone of Southwest Japan Arc. Goldschmidt 2008 (Vancouver, CANADA).
23 Matsumoto Ichiro, Hoffman Dennis, MacAlistar Jason and Ishiga Hiroaki (2008) Geochemical characteristics of Heavy metals of river sediment from the main rivers at Texas, USA. AGU Fall Meeting 2008, San Francisco, 12. 2008.
24 Watanabe Kumiko and Matsumoto Ichiro (2008) Heavy metal concentration of river sediment in the light of the environmental quality standard value of Japan from the river in and around the Tokyo Japan - A case study at the Tama, Tsurumi, Edo and Ara rivers - AGU Fall Meeting 2008, San Francisco, 12. 2008.
25 Sato Daisuke, Matsumoto Ichiro and Kamei Atsushi (2008) Wakurayama dacite as a possible adakites from the Matsue city, inner zone of Southwest Japan. AGU Fall Meeting 2008, San Francisco, 12. 2008.
26 Tsubota Tomoyuki, Matsumoto Ichiro and Kamei Atsushi (2008) Geochemical diversity of chromian spinel bearing alkaline Matsue Basalt in the Shimane Prefecture, southwest Japan. AGU Fall Meeting 2008, San Francisco, 12. 2008.
27 Matsumoto Ichiro, Hoffman Dennis, MacAlistar Jason, Wolfe June and Ishiga Hiroaki (2009) Comparative study of heavy metals concentration of streat sediments on major rivers of Texas, USA and several rivers of Japan. Goldschmidt 2009 (Davos, Switzerland).
28 Sato Daisuke, Tomoyuki Shibata、Kamei Atsushi and Matsumoto Ichiro (2009) Sr-Nd isotopic ratios of Wakurayama dacite as adakite from the Matsue city, inner zone of Southwest Japan Arc. Goldschmidt 2009 (Davos, Switzerland).
29 Taku Masahiro and Matsumoto Ichiro (2010) Petrological Characteristics of Boninite, Chichijima Island, Japan. Vertical Petrological Diversity of Boninite Pillow Lava. Goldschmidt 2010 (Knoxville, Tennessee, USA ).
30 Matsumoto Ichiro, Hoffman Dennis, MacAlistar Jason, Wolfe June and Ishiga Hiroaki (2010) Heavy Metal Sediment Concentration Patterns within the Texas River System, USA and Hii River System, Japan. Goldschmidt 2010 (Knoxville, Tennessee, USA).
31 Umeda Tomoyuki and Matsumoto Ichiro (2011) Chemical characteristics of detrial chromian spinel in the Sangun Zone southwest Japan. AGU Fall Meeting 2011, San Francisco, 12. 2011.
32 Yoshida Keisuke and Matsumoto Ichiro (2011) "Shool Biotope" as science and environment educational tools in Japan. AGU Fall Meeting 2011, San Francisco, 12. 2011. 教育研究
33 Matsumoto Ichiro (2011) Geological field study for science education on Elementary and Junior high school student, in Shimane Prefecture, Japan. AGU Fall Meeting 2011, San Francisco, 12. 2011. 教育研究
34 Sato Daisuke, Shibata Tomoyuki and Matsumoto Ichiro (2011) Sr, Nd and Pb isotopic compositions of the Wakurayama Dacite, San-in district: The eary activity of adakite in SW Japan. AGU Fall Meeting 2011, San Francisco, 12. 2011.
35 Yoshida Keisuke and Matsumoto Ichiro (2012) Geological environmental assessment of Lakes Shinji-ko and Nakaumi by stream sediment, Shimane prefecture, Japan. Goldschmidt 2012 (Montreal, Canada).
36 Umeda Tomoyuki and Matsumoto Ichiro (2012) Petrological exploration of podiform chromitite by using of detrital spinel, Sangun Zone, southwest Japn. Goldschmidt 2012 (Montreal, Canada).
37 Matsumoto Ichiro, Tsubota Tomoyuki, Kamei Atsushi and Sato Daisuke (2012) Petrological diversity of chromian spinel bearing Matsue basalt in the Shimane Prefecture, Japan. Goldschmidt 2012 (Montreal, Canada).
38 Umeda Tomoyuki and Matsumoto Ichiro (2012) Effective educational practice of river learning by using of Hiikawa-river of elementary school, Shimane prefecture, Japan. AGU Fall Meeting 2012, San Francisco, 12. 2012. 
39 Yoshida keisuke and Matsumoto Ichiro (2012) The three viewpoints for raising a child's natural science literacy -Catch, Touch and Watch -. AGU Fall Meeting 2012, San Francisco, 12. 2012.
40 Oku satomi and Matsumoto Ichiro (2012) Science education in Elementary school by using of "Geopark", Oki Islands, Japan. AGU Fall Meeting 2012, San Francisco, 12. 2012. 
41 Fukumoto Keiko and Matsumoto Ichiro (2012) Importance of the systematic effort which aimed at educating of civic environmental and scientific literacy.AGU Fall Meeting 2012, San Francisco, 12. 2012.
42 Umeda Tomoyuki and Matsumoto Ichiro (2013) Chemical composition of detrital spinel from Eastern Chugoku and Northern Kinki of Sangun zone, southwest Japn. Goldschmidt 2013 (Florence, Italy).
43 Matsumoto Ichiro (2013) Chemical composition of chromian spinel of Podiform Chromitite, Sangun zone, Southwest Japan. Goldschmidt 2013 (Florence, Italy).
44 Matsumoto Ichiro (2014) Importance of field scientific learning at the time of elementary and junior high school. AGU fall meeting,San Francisco USA, 2014年12月15日
45 Matsumoto Ichiro, Sasaki Ryo, Norimoto Sayaka, Kanagi Emika and Fujimoto Erika (2014)Development of the teaching materials of the elementary school science related to a Volcano, an Earthquake and a Life. AGU fall meeting,San Francisco USA, 2014年12月15日
46 Taketa Itetsu and Matsumoto Ichiro(2014)Development of the effective teaching material of the science unit "the Moon and the Sun" of the elementary school of Japan. - Method for understanding of the movement of the celestial sphere - .AGU fall meeting,San Francisco USA, 2014年12月15日
                                     
国内学会
 松本一郎・沢田順弘・加々美寛雄(1990)広島県白亜紀吉舎火山岩類−特に高マグネシア安山岩について−. 日本地質学会第97年学術大会(富山).全国大会
 沢田順弘・加々美寛雄・西村敬一・筒井智樹・松本一郎・周琵琶湖花崗岩団研グループ(1991) 琵琶湖南部白亜紀珪長質巨大マグマ溜まり. 日本火山学会1991年度春期大会 (東京).全国大会
 松本一郎・荒井章司・村岡弘康・山内英生(1994)三郡帯のかんらん岩体の岩石学的多様性−その1:記載岩石学−. 岩鉱学会平成5年度学術講演会 (京都).全国大会
 荒井章司・山本俊一郎・松本一郎(1994)北海道中軸帯北部の河川堆積物中の高Crクロムスピネルの意義. 岩鉱学会平成5年度学術講演会 (京都).全国大会
 松本一郎・荒井章司・原田武(1995)三郡帯矢の峯かんらん岩体のクロミタイト中の含水鉱物について. 岩鉱学会平成6年度学術講演会(仙台).全国大会
 松本一郎・沢田順弘・加々美寛雄(1995) 中国地方中部における起源物質を異にする多様な白亜紀火成岩類の成因. 日本地質学会第102年学術大会 (広島).全国大会
 松本一郎(1996)ポディフォーム・クロミタイトの岩石学的探査法. 資源地質学会第46回年会講演会 (東京).全国大会
 松本一郎・荒井章司(1998)モンゴル国アルタイ地域ハンタイシャーオフィオライトの岩石・鉱床学的報告:予報. 資源地質学会第48回年会講演会 (東京).全国大会
 松本一郎・荒井章司(1998)ポディフォームクロミタイトの岩石学的探査例性:三郡帯とアルバニアの例. 資源地質学会第48回年会講演会 (東京).全国大会
10 松本一郎・荒井章司(1998)ポディフォームクロミタイト形成におけるかんらん岩/メルト相互反応の程度の重要性:三郡帯とアルバニアの例.日本地質学会第105年学術大会 (松本).全国大会
11 荒井章司・Prichard,H.M.・松本一郎・Fisher,P.C.(1999) 神居古潭帯のクロミタイトおよび三郡帯のダナイトから白金族鉱物の発見. 岩鉱学会平成10年度学術講演会(水戸).全国大会
12 松本一郎・越智章光・今野宏秀(2002) 関東・鶴見川底質物の地質学的および地球化学的特徴-予察的研究-. 資源地質学会第52回年会講演会 (東京).全国大会
13 鈴木勝彦・松本一郎(2002)Re-Os年代、初生同位体からみた西南日本三郡超マフィック岩体の生成過程. 2002年度日本地球化学会年回(鹿児島).全国大会
14 松本一郎(2002)島根大学生の自然科学認識・常識度.日本科学教育学会第26回年会(松江).全国大会 教育研究
15 松本一郎(2003)土壌汚染の効果的調査法. 2003年度資源・素材関連学協会年回(宇部).全国大会
16 松本一郎・大谷修司・釜田美紗子・藤田和歌子(2003)学校ビオトープ活動における子ども達の意識調査 −松江市古志原小学校および母衣小学校の例−. 第52回日本理科教育学会中国支部大会(松江).
17 松本一郎・岡田純・岩本孝一・荒井章司(2004)三郡帯稲積山超マフィック岩体中のクロミタイトを伴うガブロの記載岩石学. 日本岩石鉱物鉱床学会2004年学術講演会(岡山).全国大会
18 沢田順弘・三瓶良和・荒谷豪・瀬戸浩二・新井田清信・松本一郎(2004) 幌満カンラン岩体中の炭質物. 地球惑星科学関連学会合同大会(千葉).全国大会
19 沢田順弘・田山良一・松本一郎(2004)ペントランダイト,Tiファッサイト,Ol-Cpx-Af±Opxシンプレクタイトを含む隠岐島後の更新世玄武岩.
日本地質学会第111年学術大会(
千葉).全国大会
20 松本一郎(2005)地学教育における土壌教育 -土に詰まった地球の素顔−. 土壌肥料学会2005年度年次大会(松江).全国大会 教育研究
21 伊藤麻由佳・松本一郎(2007)河川底質物を用いた環境教育への教材化に向けて. 平成19年度全国地学教育研究大会/日本地学教育学会第61回全国大会島根大会(松江).全国大会 教育研究
22 坪田智行・松本一郎(2007)火山岩を用いた地学教育の教材化に向けて. 平成19年度全国地学教育研究大会/日本地学教育学会? 第61回全国大会島根大会(松江).全国大会 教育研究
23 松本一郎(2007)流域の地形・地質・人間生活から何を学ぶか-都市型河川と非都市型河川との底質化学組成の比較を通して-. 平成19年度全国地学教育研究大会/日本地学教育学会第61回全国大会島根大会(松江).全国大会 教育研究
24 清水祐也・中村一姫・赤井理一・松本一郎・石賀裕明・加藤芳郎・城市彰(2008)島根県西部泥質メランジ地帯からの蛇紋岩塊の産出について.島根県地学会平成20年度(第24回)総会・研究発表会(松江).
25 松本一郎・森也寸志・武田育郎・宗村宏明(2008)斐伊川流域管理プロジェクト研究成果の教育現場への活用.平成20年度日本理科教育学会中国支部大会(松江).教育研究
26 佐藤大介・坪田智行・伊藤麻由佳・松本一郎(2008)学生の実践的教育活動を通した地学教育の普及?-四大学間学生交流プロジェクトを通した学校現場との実践教育活動の例-.平成20年度日本理科教育学会中国支部大会(松江).教育研究
27 松本一郎・宮下 治(2008)地学教育のための野外実践研究の新たな局面に向けて.平成20年度日本理科教育学会中国支部大会(松江).教育研究
28 渡部久美子・松本一郎(2009)河川底質物中の重金属含有量に対する人為的影響の新しい評価法.第15回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会(主催:日本地下水学会・廃棄物学会・地盤工学会・土壌環境センター)(名古屋).全国大会
29 松本一郎(2009)斐伊川・飯梨川・江の川の河川底質物の地球化学 − 流域管理と地質の観点から −. 島根県地学会平成21年度(第25回)総会・研究発表会(松江).
30 常松徹・松本一郎(2009)新出雲風力発電事業にかかわる作業用道路の検討と道路工事について − 地質と地形特性から −.島根県地学会平成21年度(第25回)総会・研究発表会(松江).
31 三原和彦・松本一郎(2009)石見銀山周辺の地形と岩石 − 安全対策の観点から −. 島根県地学会平成21年度(第25回)総会・研究発表会(松江).
32 松本一郎・Hoffman Dennis・McAlister Jason・Wolfe June・石賀裕明(2009)重金属からみた河川底質物の環境地球化学-流域管理の観点からの日米比較-.日本地質学会第116年学術大会(岡山).全国大会
33 佐藤大介・坪田智行・亀井淳志・松本一郎(2009)和久羅山デイサイトと松江層玄武岩の地質学的・岩石化学的研究.日本地質学会第116年学術大会(岡山). 全国大会
34 清水祐也・松本一郎・石賀裕明(2009)島根県西部泥質メランジ地帯からの巨大蛇紋岩塊の発見.日本地質学会第116年学術大会(岡山).全国大会
35 松本一郎・宮下 治(2009)地学野外学習の実践研究.日本理科教育学会第59回全国大会(宮城).全国大会 教育研究
36 高橋哲也・水上麻衣・山下稚香子・高須佳奈・麻生祐司・大谷修司・松本一郎(2009)万葉染色を題材とした大学生への自然科学教育の取り組み.第56回日本家政学会・中国・四国支部研究発表会(高知).全国大会 教育研究
37 多久雅啓・松本一郎(2010)小笠原父島無人岩枕状溶岩の垂直変化−記載岩石学的特徴から−. 資源地質学会第60回年会講演会 (東京).全国大会
38 松本一郎・佐藤大介・坪田智行(2010)島根県松江市周辺の第三紀火山活動−記載岩石学からのアプローチ−. 資源地質学会第60回年会講演会 (東京). 全国大会
39 渡部久美子・松本一郎(2010)河川底質物中の重金属含有量に対する人為的影響の新しい評価法の提案. 資源地質学会第60回年会講演会 (東京). 全国大会
40 松本一郎・D. HOFFMAN・J. WOLFE・J. MCALISTAR・石賀裕明・武田育郎・森也寸志・宗村宏明(2010)河川底質物中の重金属含有量の日米比較 −島根県斐伊川流域とテキサス州の主要河川を例として−. 資源地質学会第60回年会講演会 (東京). 全国大会
41 松本一郎・高橋哲也・大谷修司・西山桂・百合田真樹人・塚田真也・辻本彰・高須佳奈・山下稚香子(2010)島根大学教育学部の教育GPの構築とその成果−環境寺子屋による理科好き教師の育成プロジェクト−.日本理科教育学会第60回全国大会(山梨)全国大会 教育研究
42 高須佳奈・山下稚香子・高橋哲也・大谷修司・松本一郎(2010)環境寺子屋体験学修プログラムにみる学生の学びと成長. 日本理科教育学会第60回全国大会(山梨)全国大会 教育研究
43 吉田圭輔・志比田心平・濱本晃久・平田辰弥・吉村拳・多久雅啓・松本一郎(2010)学生の専門性を活かした「理科出前授業」による地域貢献・実践活動. 日本理科教育学会第60回全国大会(山梨)全国大会 教育研究
44 佐野好彦・常松 徹・松本一郎(2010)産業遺産「若松鉱山」−地形と施設の特徴から−.島根県地学会平成22年度(第26回)総会・研究発表会(松江).
45 矢田眞悟・有田士朗・松本一郎(2010)石見銀山、大久保間歩及び龍源寺間歩坑内部検について -間歩坑内及び周辺での点検確認事項-. 島根県地学会平成22年度(第26回)総会・研究発表会(松江).
46 佐藤大介・松本一郎・柴田知之(2010)島根県松江市和久羅山デイサイトの地球化学的特徴.日本地質学会第117年学術大会(富山)全国大会
47 佐藤大介・松本一郎・柴田知之(2010)和久羅山デイサイトの全岩化学組成と同位体比組成.日本鉱物科学会2010年年会・総会(松江)全国大会
48 松本一郎・坪田智行・佐藤大介・亀井淳志(2010)島根県松江市松江層玄武岩の全岩化学組成. 日本鉱物科学会2010年年会・総会(松江)全国大会
49 多久雅啓・松本一郎(2010)小笠原父島無人岩枕状溶岩の垂直変化 -斑晶鉱物量比と鉱物化学組成から-.日本鉱物科学会2010年年会・総会(松江)全国大会
50 松本一郎・D. HOFFMAN・J. WOLFE・J. MCALISTAR・石賀裕明・武田育郎・森也寸志・宗村宏明(2010)河川底質物中の重金属含有量の特徴 - 都市河川の日米比較- .日本鉱物科学会2010年年会・総会(松江)全国大会
51 吉田圭輔・志比田心平・濱本晃久・平田辰弥・吉村挙・多久雅啓・松本一郎(2010)「学生版理科出前授業」による私たちの学びと地域への教育貢献効果.日本教育大学協会研究集会(松江)全国大会 教育研究
52 岸川直人・奥聡美・新越亜美・宮原麻美・松本一郎(2010)環境寺子屋での実験、観察活動による学びと成果日本教育大学協会研究集会(松江)全国大会 教育研究
53 高橋哲也・松本一郎・大谷修司・西山桂・百合田真樹人・辻本彰・塚田真也・山下稚香子・高須佳奈(2010)「環境寺子屋」による自然科学好き教員養成への取り組み日本教育大学協会研究集会(松江)全国大会 教育研究
54 吉村挙・志比田心平・濱本晃久・平田辰弥・吉田圭輔・多久雅啓・松本一郎(2010)「学生版理科出前授業」による教育実践. 理科教育学会中国支部大会(山口) 教育研究
55 久光貴知・岸川直人・梅田知幸・橋田真志・林知洋・前田千春・向原将平・松本一郎(2010)環境寺子屋および初等理科ゼミでの実験・観察活動による学び理科教育学会中国支部大会(山口) 教育研究
56 伊藤英俊・松本一郎(2011)斐伊川における花崗岩を教材とした「流れる水のはたらき」の授業実践.理科教育学会第61回全国大会(島根大会) 全国大会 教育研究
57 河野重範・倉見 綾・松本一郎・野村律夫(2011)博物館を活用した小学校5年「流れる水のはたらき」の教育プログラム開発と実践理科教育学会第61回全国大会(島根大会) 全国大会 教育研究
58 吉村 挙・松本一郎・佐藤毅彦(2011)学習意欲の向上のための新しい宇宙教育教材の開発理科教育学会第61回全国大会(島根大会) 全国大会 教育研究
59 平田辰弥・松本一郎(2011)小学校高学年理科のフィールド学習の研究〜実感を伴う理解と学習意欲向上との関連性〜. 理科教育学会第61回全国大会(島根大会) 全国大会 教育研究
60 吉田圭輔・志比田心平・松本一郎(2011)多様な学びのためのビオトープ活用法及び、実感を伴った理科教育法の研究. 理科教育学会第61回全国大会(島根大会) 全国大会 教育研究
61 松本一郎・宮下 治(2011)島根県の幼児教育における自然体験学習の現状と課題に関する研究. 理科教育学会第61回全国大会(島根大会) 全国大会 教育研究
62 佐藤大介・松本一郎(2011)島根県松江市和久羅山デイサイトの岩石・鉱物学的研究. 日本地質学会第118年学術大会・日本鉱物科学会2011年会合合同学術大会 (水戸). 全国大会
63 吉田圭輔・志比田心平・松本一郎(2011)学校ビオトープを活用した理科教育及び子ども理解-島根県の公立小学校及び地域活動での実践より-. 教育大学協会研究集会(香川大学)全国大会 教育研究
64 松本一郎・高橋哲也・大谷修司(2011)教員養成学部における組織的科学教育課外カリキュラムの構築と教育成果に関する検討. 教育大学協会研究集会(香川大学)全国大会 教育研究
65 松本一郎(2011)島根県での小学校理科地学分野の野外実習の実践と学習支援. 日本地学教育学会第65回全国大会(広島大会)全国大会 教育研究
66 梅田知幸・松本一郎(2012) 砕屑性クロムスピネルの化学組成からみたマントルの多様性. 第28回島根県地学会研究発表会.(松江)
67 
松本一郎・梅田知幸(2012)L4-L6コンドライト(NWA869)隕石中のクロムスピネルの化学組成. 第28回島根県地学会研究発表会.(松江)
68 
常松 徹・吾郷邦夫・三原和彦・矢田眞悟(パルス建設コンサルタント)・阿部国廣(元小学校教諭)・松本一郎(2012)地学教育及び環境教育の普及のための広報看板について. 第28回島根県地学会研究発表会.(松江)
69
 吉田圭輔・志比田心平・松本一郎(2012). 理科・環境教育のための学校ビオトープの活用法. 理科教育学会第62回全国大会(鹿児島大会) 全国大会 教育研究
70
 梅田知幸・松本一郎(2012)岩石の多様性を理解するための教材化. 理科教育学会第62回全国大会(鹿児島大会) 全国大会 教育研究
71 向原将平・松本一郎(2012)理科における表現力と言語活動の充実-島根県の幼稚園・小学校での実践例-. 理科教育学会第62回全国大会(鹿児島大会) 全国大会 教育研究
72 林知洋・松本一郎(2012)子どもの興味・関心を高める初等理科の授業構成-ARCSモデルに基づいた島根大学教育学部附属中学校での授業分析-. 理科教育学会第62回全国大会(鹿児島大会) 全国大会 教育研究
73 吉村 挙・松本一郎・佐藤毅彦(2012)宇宙教育教材を用いた授業実践. 理科教育学会第62回全国大会(鹿児島大会) 全国大会 教育研究
74 松本一郎(2012)幼稚園から大学生までを対象とした環境教育法. 理科教育学会第62回全国大会(鹿児島大会) 全国大会 教育研究
75 梅田知幸・松本一郎(2012)三郡帯における砕屑性クロムスピネルを用いたポディホームクロミタイトの賦存評価について.日本鉱物科学会2012年年会・総会(京都)全国大会
76 佐藤大介・松本一郎(2012)島根県松江市中央部,和久羅山デイサイト中に見出される斑れい岩〜閃緑岩質捕獲岩.日本鉱物科学会2012年年会・総会(京都)全国大会
77 松本一郎・坪田智行・亀井淳志・佐藤大介(2012)松江層玄武岩の全岩化学組成とクロムスピネル.日本鉱物科学会2012年年会・総会(京都)全国大会
78
 吉田圭輔・松本一郎(2012)生物・地学教材を用いた理科教育と子ども理解-野外学習の観点から-. 教育大学協会研究集会(鹿児島大学)全国大会 教育研究
79 梅田知幸・松本一郎(2012)小学校理科単元「流れる水のはたらき」のフィールド教材-野外で学ぶことの重要性-. 教育大学協会研究集会(鹿児島大学)全国大会 教育研究
80 松本一郎・西村覚・高橋里美・仙田淳一・赤木寛子・伊藤英俊(2012)大学と附属学校園との共同研究〜一貫教育を軸とした島根大学の取組〜.教育大学協会研究集会(鹿児島大学)全国大会 教育研究
81 梅田知幸・松本一郎(2013)北近畿及び中国地方に産する砕屑性クロムスピネルの化学組成ークロミタイト及び超マフィック岩起源のクロムスピネルの多様性ー 2013年度資源地質学会年会 (東京). 全国大会
82 松本一郎(2013)中国地方中部三郡帯に産するクロミタイトの化学組成ークロミタイトの規模とクロムスピネルの化学組成の関連性ー. 2013年度資源地質学会年会 (東京). 全国大会
83 伊藤英俊・松本一郎(2013)空間的イメージを高めて学ぶ月の満ち欠けの学習ー月と太陽(小学6年生)ー.理科教育学会第63回全国大会(北海道大学) 全国大会 教育研究
84 武田一徹・松本一郎(2013)月・地球・太陽ー時間概念と空間概念を育てる天体教材の開発ー.理科教育学会第63回全国大会(北海道大学) 全国大会 教育研究
85 梅田知幸・松本一郎(2013)小学校教員を志望する大学生への指導力向上を目指した野外学習の実践.理科教育学会第63回全国大会(北海道大学) 全国大会 教育研究
86 山中詩織村上祐太・土次愛美・呉羽理恵・青木怜奈・志田紀裕・松本一郎(2013)教室内で飼育可能な小動物を用いた教材化.理科教育学会第63回全国大会(北海道大学) 全国大会 教育研究
87 松本一郎(2013)野外学習指導法ー特に地学・天文分野の実践事例からー.理科教育学会第63回全国大会(北海道大学) 全国大会 教育研究
88 梅田知幸・松本一郎(2013)小学校第五学年理科単元「流れる水のはたらき」に関わるフィールド学習の開発.日本地学教育学会第67回全国大会(大阪大会) 全国大会 教育研究
89 松本一郎(2013)日本と中国の環境教育の比較ー日中共同研究からー.日本地学教育学会第67回全国大会(大阪大会) 全国大会 教育研究
90 松本一郎(2013)宇宙教育ー理科・地学からみた目的と教育方法についてー日本地学教育学会第67回全国大会(大阪大会) 全国大会 教育研究
91 松本一郎・西村覚・高橋里美・赤木寛子・伊藤英俊・井上富美子(2013)島根大学教育学部附属学校園の独自性〜一貫教育を軸とした学部と附属学校園との教育・研究連携〜.教育大学協会研究集会(北海道教育大学)全国大会 教育研究
92 武田一徹・松本一郎(2013)科学的思考力・判断力・表現力を高める宇宙を対象とした教材ー教員を目指す学生の視点からー.教育大学協会研究集会(北海道教育大学)全国大会 教育研究
93 梅田知幸・松本一郎(2013)小学校理科単元「流れる水のはたらき」の実践授業からー野外学習の重要性ー.教育大学協会研究集会(北海道教育大学)全国大会 教育研究
94 松本一郎・大谷修司・高橋哲也(2013)科学教育を基軸とした島根大学環境・理科教育推進室(環境寺子屋)の地域貢献.教育大学協会研究集会(北海道教育大学)全国大会 教育研究
95 松本一郎(2014)理科におけるこれからの環境教育-地域の自然を活用した野外学習の重要性-. 日本理科教育学会全国大会,愛媛大学, 2014年8月24日
96 法本さやか・佐々木諒・金木瑛美加・藤本絵理佳・松本一郎(2014)火山学習と防災・減災教育 -大山・三瓶山を例とした予察的研究-. 日本理科教育学会全国大会,愛媛大学, 2014年8月24日
97 多久雅啓・松本一郎・大谷修司・辻本彰(2014)島根大学教育学部「環境寺子屋」の取組 -組織的な環境・科学学習の成果と課題:地域貢献を例として-. 日本理科教育学会全国大会,愛媛大学, 2014年8月24日
98 武田一徹・松本一郎(2014)月・地球・太陽 ?月の満ち欠けの仕組みと視点移動-. 日本理科教育学会全国大会,愛媛大学, 2014年8月24日
99 松本一郎(2014)野外学習指導法 -効果的な実施方法と諸機関との教育連携-. 日本教育大学協会研究集会, 仙台国際センター, 2014年10月18日
100 武田一徹・松本一郎(2014)学習活動に俯瞰的視点を取り入れる教材の開発 ?6年生「月と太陽」を題材として-. 日本教育大学協会研究集会, 仙台, 2014年10月18日
101 松本一郎・西村覚・御園真史・伊藤英俊・仙田淳一・井上富美子・喜多川昭博(2014)教師教育における附属学校園の役割 ?幼小中一貫教育を軸とした教師教育-. 日本教育大学協会研究集会, 仙台, 2014年10月18日
102 松本一郎(2014)地域の自然を活かした理科・環境教育の実践研究. 日本理科教育学会中国大会(山口大学),2014年12月16日
103 佐々木諒・法本さやか・金木瑛美加・藤本絵理佳・松本一郎(2014)火山を用いた理科学習と防災教育. 日本理科教育学会中国大会(山口大学),2014年12月16日