【出前授業】松本研究室では、特にフィールドを中心とした学習支援を行っております。

 昨今、小学校や中学校の理科授業の中で、野外学習を伴うものについては教育現場の諸事情(地域による自然の多様性への準備・対応、移動にかかる予算、授業時間の確保、児童・生徒の安全管理、等)により、その実施があまり行われていない実態があります。
 松本研究室では、特に幼稚園・保育所・小学校・中学校・高等学校における野外学習支援を教育・研究の一環として進めております。特に、平成24年〜平成26年は、科学研究補助金【研究テーマ:
山陰の豊かな自然を活かした小中学校の理科野外学習プログラム「青空寺子屋」の開発(研究代表者:松本一郎)】を受ける事ができました。つきましては、予算面についてはこの期間中であればご相談に応じることも可能です。
 子ども達の野外での学習力の向上、また地域の自然環境の理解のためにも、出前授業を希望されます学校園がございましたら、以下のmailアドレスに、
【出前授業希望】とのタイトルでお申し込みください(隠岐、島根県西部地域、鳥取県も歓迎です)当方の研究室でも、この機会を大学生の野外授業観察(兼、子ども達の安全管理補助)の貴重な時間に充てさせて頂きたく存じます。

出前授業
 中学校1年:「変動する大地」(主に島根半島を予定)
 小学校6年:「土地のつくり」(主に島根半島を予定)
 小学校6年:「月と太陽」(教室内)
 小学校5年:「流れる水の働き」(主に斐伊川を予定)
 幼稚園・保育園:「泥団子遊び」(子ども達向け)
 科学館や博物館での特別講義
 その他:環境教育やビオトープなどの生態系についての講義や実習も可能です。
     詳しくはご相談ください。

お問い合わせは松本のmail(ページの下の連絡先をクリックください)までお願いいたします。

j0356601[1]a_line019j0318104[1]
DSC00856 2